新築の一戸建てブーム

転勤族のサラリーマンにお勧めの築浅住宅の購入

住宅に関しては、色々な考え方があり、持ち家派と賃貸派に分かれます。
お調べになる際には東京 設計事務所の資料をご覧ください。
また、持ち家派もマンション派と戸建て派の方が居られます。
検索する際には渋谷区 設計事務所のHPをご覧ください。
それぞれの家庭環境などで、色々な考え方があるのは当然です。
相談する際には注文住宅 設計事務所のサイトをご覧ください。
そんな中で、サラリーマンの中には転勤が多くて、持ち家は欲しいものの、身軽なように賃貸に甘んじておられる方も多いものです。賃貸料は結構高く、いくら支払っても自分のものになる事はなく、同じ毎月支払うなら、持ち家が良いと考えるものの、転勤を考えると、購入を躊躇すると言う方です。
お探しする際には注文住宅 設計事務所を御利用下さい。
そんな方には、築浅のリフォーム済み中古住宅と言う選択肢がお勧めです。新築の住宅を購入して、1年でも2年でも住み、そこで転勤になって売却するとなると、中古住宅となり価値が大幅に下落してしまいます。売却できても、これでは大損する事になってしまいます。
その点、例えば築5年と言った築浅の住宅をリフォームして売られている住宅なら、5年経過した中古住宅にリフォーム費用を上乗せした価格で販売されています。従ってその住宅に何年か住んで、転勤で手放す事になったっとしても築年数が古くなった分だけ安くなるだけで、新築と中古の極端な価値の下落はなく、大損する事もありません。
転勤族も子供の教育を考えると、いつかは拠点をどこかに定める必要があり、自分が持ち家派なら、思い切って築浅のリフォーム済み中古住宅を購入すると言った方法がお勧めです。
不明なところがある場合は東京 デザイン住宅へお電話下さい。